高齢者施設で管理栄養士をしています。 高齢者の食事について情報の共有や問題を一緒に解決できればと思っています。 よろしくお願いします。

高齢者の食を考える管理栄養士のブログ

アドセンス(自動)


楽天アドセンス用

アドセンス




雑記

おはぎとぼたもちの違いは?由来は?

投稿日:

おはぎとぼたもちの違いは?由来は?

昔、お彼岸の時期には、手作りでおはぎやぼたもちを作って仏壇にお供えしたり、家族みんなで食べたり、ご近所におすそわけをしたり・・・。

最近では、あまり見られない光景になりました。

一方、一年中「おはぎ」を販売しているお店も多いです。

ではどうして「おはぎ」や「ぼたもち」と呼ぶのでしょうか?

○おはぎとぼたもちの違いは?別の名前があるってホント?

諸説あるのは

・こしあんが「おはぎ」で、粒あんが「ぼたもち」?

・こしあんが「ぼたもち」で、粒あんが「おはぎ」?

・米粒が残っているのが「おはぎ」で、完全に餅になっているのが「ぼたもち」?

・大きいのが「ぼたもち」で、小さいのが「おはぎ」?

・あんこが「おはぎ」で、きな粉が「ぼたもち」?

などですが、本当は、、、、、

おはぎとぼたもちは基本的に同じもので、違うのは食べる時期だけなのです!

また、時期だけではなく、地域やお店、風習によって違いがある場合もあるようです。

○なんで名前が違うの?名前の由来は?

春のお彼岸に食べるのが「ぼたもち」。秋のお彼岸に食べるのが「おはぎ」です。

ではなぜ名前が違うのでしょうか?

春は、ぼたもち。由来は?

春になると、桜やチューリップなどたくさんの花が色鮮やかに咲きます。また、春に咲く花と言えば「牡丹(ぼたん)」があります。

ぼたもちは、牡丹の季節、春のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたものです。

秋は、おはぎ。由来は?

一方、秋のお彼岸の時期には「ぼたもち」のことを何と呼ぶのでしょうか?
秋の七草と呼ばれる「萩」の花が小豆の粒と似ていることから「萩餅」、それから丁寧な「お萩餅」、そして「おはぎ」という呼び方になったと言われています。

おはぎは、萩の季節、秋のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く萩に見立てたものです。

本来は、春はぼたもち秋はおはぎと春秋使い分けないといけないのですが、今は年中おはぎで通すお店が圧的に多いようです。

○作り方

・材料   ( おはぎ 20個分 )

もち米   3カップ  ( 炊きあがり  約1kg )
食塩少々
粒あん又は練あん 500g

1.もち米を洗い白米の水加減に合わせます。

2.食塩少々を加え、30分程置いて炊飯器のスイッチを入れます。

3.炊きあがったもち米を、すりこぎ等で半つぶしにします。

4.3を20個に分けて丸めます。

5.丸めたご飯を、粒あん又は練あんで包みます。この時、濡れ布巾で包むと奇麗に包めます。

○まとめ

なぜお彼岸におはぎをいただくようになったのでしょうか?

これは江戸時代に、お彼岸や四十九日の忌明けに食べる風習が定着したようです。

「暑さも寒さも彼岸まで」と言われるように、春の彼岸は農作業が始まる時期で、秋の彼岸は収穫の時期にあたります。よって、春には収穫をもたらす山の神などを迎えるため「ぼたもち」を、秋には収穫を感謝して「おはぎ」を作ったとも言われています。

お彼岸には、おはぎやぼたもちをお供えして、故人やご先祖様に感謝をしながら、頂いてみてはいかがでしょうか?

 

336




336




-雑記
-, ,

Copyright© 高齢者の食を考える管理栄養士のブログ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.