高齢者施設で管理栄養士をしています。 高齢者の食事について情報の共有や問題を一緒に解決できればと思っています。 よろしくお願いします。

高齢者の食を考える管理栄養士のブログ

アドセンス(自動)


楽天アドセンス用

アドセンス




ちょっといい話・ためになる話

【ちょっといい話・ためになる話】ビジネスや人を育てる事は種蒔きに似ている

投稿日:

ビジネスや人を育てる事は種蒔きと似ている。

始めるきっかけを与えて(種を蒔いて)、

価値や成長の機会を適切に提供したり、適切なタイミングで適切なヒントをあげたり(水をあげて)、

あとは結果を待つ(花が咲くのを待つ)だけ。

相手が人間なのか植物なのかの違いだけ。

種を蒔きすぎてもカオスな状況になるのと同じように、人間も思考が硬直してしまう。

水をあげすぎても腐ってしまうのと同じように、機会を与えすぎてもそれで満足してしまって行動しない。ヒントではなく答えを教えてしまっては、考える力を奪ってしまう。

そして適切に対応しても咲かない花があるように、結果が出るか出ないのかは本人次第であり、待ってみないとわからない。

「こんだけやったんだから咲けよ!」って言っても仕方ないように、「結果出せよ!」って言っても仕方ない。

「結果じゃなくて過程が大事」なんて安っぽいキレイゴトを言うつもりは全くない。

けど、だからと言って結果を強要するのも間違いである。

花を咲かせるには、種を蒔いて水をあげて咲くのを待つのを同じように、

人を育てるには、キッカケを与えて成長の機会を提供してあげて結果を待つ。

そこに過度な期待はしてはいけない。

花が咲くか咲かないかはどうしようもないのと同じように、

人が結果を出してくれるかどうかもどうしようもない。

「正しい育て方」的なものはあるが、あくまで確率と可能性を上げるだけ。

「過度な期待をせずに生温かく見守る」こと。

人が花開くには時間がかかるものである。

336




336




-ちょっといい話・ためになる話

Copyright© 高齢者の食を考える管理栄養士のブログ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.