高齢者施設で管理栄養士をしています。 高齢者の食事について情報の共有や問題を一緒に解決できればと思っています。 よろしくお願いします。

高齢者の食を考える管理栄養士のブログ

アドセンス(自動)


楽天アドセンス用

アドセンス




人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 管理栄養士国家試験

【管理栄養士国家試験勉強】「人体の構造と機能 細胞と組織」わかりやすくまとめてみました!!【過去問題】

投稿日:2018-08-25 更新日:

【管理栄養士 国家試験勉強法】わかりやすくまとめてみました!!「人体の構造 細胞と組織」【過去問題】

〇人体の構造と機能及び疾病の成り立ち「細胞・上皮組織・器官と器官系」

管理栄養士の国家試験の基礎知識を科目別にまとめてみました!

管理栄養士国家試験合格に向けて、参考になれば幸いです。

また、ノートの最後に今回のポイントで出た、管理栄養士国家試験の過去問題も復習をかねて解いてくださいね^^

「人体の構造と疾病の成り立ち」 こちらもチェックしてください。

消化器系 循環器系 細胞と組織 泌尿器系 内分泌系 神経系

感覚器系 呼吸器系 血液 骨格系 筋系 生殖器系 免疫と生体防御

〇人体の構造

・細胞(60兆)→集まって「組織」→集まって「器官」→集まって「器官系」

〇細胞

・細胞は細胞膜に包まれ、細胞内には核・細胞質が存在。細胞質は細胞小器官、細胞質ゾル等なる。

・細胞膜:リン脂質・コレステロール・タンパク質などからなる。リン脂質は二重構造で疎水性部分が向き合っている。

・核:核膜で覆われており、DNA・遺伝子を含んでいる。

・核小体:リボゾームRNAを合成する。

・ミトコンドリア:内膜と外膜の二重膜。ATPの生産がおこなわれる。

・リボゾーム:タンパク質の合成を行う。

・リソソーム:細胞内の異物や老廃物の分解を行う。

・ゴルジ体:リボゾームで合成したたんぱく質の貯蔵・修飾・運搬を行う。

・中心体:細胞分裂の時、紡錘体を形成して染色体を移動させる。

細胞膜の働き(動画)

〇上皮組織

・体の表面(体表)や腔所(体腔)の内面を覆う組織。

・層構造から、単層・重層。細胞の形から、扁平・立方・円柱。

層の構造 細胞の形 組織・器官
単層 扁平上皮 リンパ管・血管・肺胞
立方上皮 尿細管・甲状腺
円柱上皮 消化管
多列線毛円柱上皮 気管・卵管
重層 扁平上皮 皮膚・口腔・食道
移行上皮 膀胱・尿管

〇器官と器官系

・いくつの組織が組み合わさり、特定の働きを持つものを器官という。器官は臓器とも呼ばれる。

・同じようなはたらきをする器官が集まったものを器官系という。

消化器系・循環器系・泌尿器系・内分泌系・神経系・感覚器系・呼吸器系・骨格系・筋系・生殖器系

★過去問題!!

〇28-21 ヒトの細胞の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 細胞膜は、リン脂質の二重層からなる。
(2) 赤血球には、ミトコンドリアが存在する。
(3) リソソームでは、たんぱく質の合成が行われる。
(4) 滑面小胞体では、グリコーゲン合成が行われる。
(5) iPS細胞(人工多能性幹細胞)は、受精卵を使用する

解答

(1) 細胞膜は、リン脂質の二重層からなる。

30-18 ヒトの細胞と組織に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)心筋は平滑筋である。
(2)食道は、重層扁平上皮に覆われている。
(3)ミトコンドリアでは解糖が行われる。
(4)核小体では、tRNA(転移RNA)が合成される。
(5)脂肪細胞はヒスタミンを放出する。

解答

(2)食道は、重層扁平上皮に覆われている。

〇29-21 ヒトの細胞の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1)ミトコンドリアでは、解糖系の反応が進行する。
(2)粗面小胞体では、ステロイドホルモンの合成が行われる。
(3)ゴルジ体では、脂肪酸の分解が行われる。
(4)リソソームでは、糖新生が行われる。
(5)iPS細胞(人工多能性幹細胞)は、神経細胞に分化できる。

解答

(5)iPS細胞(人工多能性幹細胞)は、神経細胞に分化できる。

336




336




-人体の構造と機能及び疾病の成り立ち, 管理栄養士国家試験
-, , , , , ,

Copyright© 高齢者の食を考える管理栄養士のブログ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.