高齢者施設で管理栄養士をしています。 高齢者の食事について情報の共有や問題を一緒に解決できればと思っています。 よろしくお願いします。

高齢者の食を考える管理栄養士のブログ

アドセンス(自動)


楽天アドセンス用

アドセンス




人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 管理栄養士国家試験

【管理栄養士国家試験勉強】「人体の構造と機能 内分泌系」わかりやすくまとめてみました!!【過去問題】

投稿日:2018-07-14 更新日:

【管理栄養士 国家試験勉強法】わかりやすくまとめてみました!!「人体の構造と機能 内分泌系」【過去問題】

人体の構造と機能 内分泌系 ホルモンの働き一覧表

管理栄養士の国家試験の基礎知識を科目別にまとめてみました!

最後に、管理栄養士国家試験の過去問題も復習をかねて解いてくださいね^^

「人体の構造と疾病の成り立ち」 こちらもチェックしてください。

消化器系 循環器系 細胞と組織 泌尿器系 内分泌系 神経系

感覚器系 呼吸器系 血液 骨格系 筋系 生殖器系 免疫と生体防御

〇ホルモンの構造

・ホルモンは化学構造から、ペプチドホルモン、ステロイドホルモン、アミノ酸誘導体ホルモンの3つに大別される。

・ペプチドホルモンは、下垂体ホルモン、膵臓ホルモン、副甲状腺ホルモン等がある。

・ステロイドホルモンは、副腎皮質ホルモン、性ホルモン等がある。

・アミノ酸誘導体ホルモン、アミンは、甲状腺ホルモン、アドレナリン等がある。

〇ホルモン受容体、ホルモンの作用機序

・ホルモンは標的細胞の受容体に結合して作用する。ホルモン受容体は、細胞内(核内)受容体細胞膜受容体の2つに大別される。

・細胞内受容体を持つホルモンは、脂溶性ホルモン(甲状腺ホルモン、ステロイドホルモン等)で、細胞膜を通過でき、細胞質内の受容体と結合する。

・細胞膜受容体持つホルモンは、水溶性ホルモン(ペプチドホルモン、カテコールアミン等)で、細胞膜を通過できないため、細胞膜の受容体と結合する。細胞膜の受容体の違いにより、Gたんぱく質共役型受容体、イオンチャネル内蔵型受容体、酵素共役型受容体の3つに大別される。

〇ホルモンの働き一覧表

内分泌腺 ホルモン名 主な作用部位 主な働き
下垂体前葉 成長ホルモン 全身 骨、筋肉等の成長促進
甲状腺刺激ホルモン 甲状腺 チロキシンの分泌促進
副腎皮質刺激ホルモン 副腎皮質 グルココルチコイド等の分泌促進
卵細胞刺激ホルモン 卵巣、精巣 卵胞の成熟促進
黄体形成ホルモン 卵巣、精巣 黄体形成、排卵の誘発
プロラクチン 乳腺、黄体 乳腺の分泌及び成熟の促進
下垂体中葉 色素胞刺激ホルモン 色素胞 メラニン色素穎粒の分散及び促進
下垂体後葉 オキシトシン 子宮、乳腺 子宮筋の収縮、乳汁放出の促進
バソプレシン 腎臓 水分再吸収(利尿作用)の促進
甲状腺 チロキシン 全身 基礎代謝の亢進
カルシトニン 骨、腎臓 血中Ca濃度の低下
副甲状腺(上皮小体) パラトルモン 骨、腎臓 血中Ca濃度の上昇
副腎髄質 アドレナリン 血管、肝臓、骨格筋 血糖値の上昇、心拍数の増加
ノルアドレナリン 血圧の上昇
副腎皮質 グルココルチコイド 全身 血糖値の上昇、代謝の促進
ミネラルコルチコイド 全身、腎臓 腎臓でのNa再吸収及びK排出促進
膵臓ランゲルハンス島 B細胞 インスリン 全身、肝臓、骨格筋 血糖値の低下
A細胞 グルカゴン 肝臓、骨格筋 血糖値の上昇
消化管 ガストリン 胃酸の分泌促進
セクレチン 十二指腸 胃酸の分泌抑制、膵液の分泌促進
コレシストキニン 小腸 胆のうの収縮、膵液の分泌促進
インクレチン インスリンの分泌促進
性腺 精巣 アンドロゲン 全身、生殖器 精子形成、成熟促進
卵巣 エストロゲン 全身、生殖器、乳腺 卵胞の発達促進、骨吸収抑制
プロゲステロン 子宮、乳腺 子宮内分泌期の変化、妊娠維持

★過去問題!!

26-45 生殖器とその内分泌機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) セルトリ細胞は、テストステロンを分泌する。
(2) ライディヒ細胞は、精子形成細胞を保持・保護する。
(3) 黄体形成ホルモン(LH)は、セルトリ細胞を刺激する。
(4) 子宮筋腫は、閉経後に好発する。
(5) 子宮内膜症は、エストロゲン依存性である。

解答

(5) 子宮内膜症は、エストロゲン依存性である。

 

30-34 ホルモン分泌の調節機構に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)血糖値の上昇は、グルカゴンの分泌を促進する。
(2)血中カルシウム値の低下は、カルシトニンの分泌を促進する。
(3)ストレスは、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌を促進する。
(4)チロキシンの過剰分泌は、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌を促進する。
(5)閉経により、卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌が低下する。

解答

(3)ストレスは、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌を促進する。

 

32-33 ホルモンと内分泌疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)バソプレシンは、水の再吸収を抑制する。
(2)成長ホルモンは、下垂体後葉から分泌される。
(3)バセドウ病では、徐脈がみられる。
(4)原発性アルドステロン症は、高カリウム血症を起こす。
(5)褐色細胞腫は、高血圧を起こす。

解答

(5)褐色細胞腫は、高血圧を起こす。

336




336




-人体の構造と機能及び疾病の成り立ち, 管理栄養士国家試験
-, , , , ,

Copyright© 高齢者の食を考える管理栄養士のブログ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.