高齢者施設で管理栄養士をしています。 高齢者の食事について情報の共有や問題を一緒に解決できればと思っています。 よろしくお願いします。

高齢者の食を考える管理栄養士のブログ

アドセンス(自動)


楽天アドセンス用

アドセンス




ちょっといい話・ためになる話

【ちょっといい話・ためになる話】 成功や幸せになるための名言集 3

投稿日:2018-07-30 更新日:

【ちょっといい話・ためになる話】 成功や幸せになるための名言集 (3)

私が成功するために、幸せになるために、くじけそうな時に読み返している名言集です。

61.車を調子良く走行させるには、何を供給すれば良いのかお分かりのはずです。同様に、健康を保つためには何を食べれば良いのか、ということを学びましょう。

62.「 一夜にして成功した」ように見える人であっても、実は、それまで長年にわたって人知れず努力し続けてきた結果、ようやくその努力が認められ、報われたにすぎないのです。

63.自発的に行動しましょう。ただし、自分の行動には完全な責任を負うことを覚悟しましょう。

64.小さなことを見くびってはいけません。この世の中のあらゆるものは、小さな原子からできていることを思い出してください。

65.発電から送電に至るまでの複雑な過程を完全に理解していなくても、家の照明をつけたり、コンピュータの電源を入れるなどという、電気の使い方は、誰でも知っています。「心」についても同じことがいえます。その複雑な機能を完全に理解している人は誰もいませんが、あるやり方で働かせれば、望んでいる結果を達成できることだけはわかっています。

66.何か価値あるものを形作る場合は、まず最初に心の中でそれを作ってみなければなりません。あなたの心には物理的な限界がありません。だから、あなたの「心の作業場」では、今までには存在しなかった物事についても、それを視覚化することが可能なのです。

67.慎重すぎるのは、まったく用心しないのと同じくらいよくありません。他人に疑念を抱かせるからです。他人に信頼されたければ、信頼してもらえるように振る舞わなくてはいけません。慎重すぎて何一つ新しいことに挑戦しない人は、慎重さに欠け、よく考えることもせずに思い浮かんだアイディアを試みようとする人と同じぐらい、自分の信頼性を損なっているのです。(世間の大半は、極端な行動を判断力の乏しさと同等にみなします)とはいっても、極端に論理的な判断を停滞させてしまってはいけません。「事実」と「考え」の違いをしっかり見極め、信頼できる情報に基づいて決断し、計画を練りましょう。行動するのはそれからです。

68.心は “ 飽きる ” ことを知りませんが、与えられる “ 食べ物 ”によっては飽きてしまうこともあります。“ 栄養のある食べ物 ”を与えれば、あなたの心は強く、そして鋭敏になります。しかし “ 栄養の乏しい食べ物 ” ばかり与えていると、心は不健康で、消極的で、非生産的なものになってしまうでしょう。“ 与えたものが返ってくる ” からです。

69.成功の法則で一番重要なのは、「自分がしてほしいことをまず他人にしてあげる」ということです。

70.一日延ばしの癖は、一昨日するべきだったことを明後日にまで引き延ばしてしまうという悪い習慣です。

71.進歩しない人には二通りあります。言われたことしかやらない人と、言われたことさえやらない人です。

72.チャンスは、それに興味を示さない人には興味を示しません。

73.孤独、落胆、不満の最善の解消法は、健康的な汗を流せるような仕事をすることです。感情とは、時に不思議で気まぐれで、予想のつかないものです。感情は、常に論理や理性に従うとは限りませんが、行動には必ず従います。

74.人生の目標を高く設定することを恐れてはいけません。どんなに高い目標を目指しても、達成のレベルはそれを下回るかもしれないからです。

75.不幸を運命のせいにしてはいけません。自分を信じて良い結果を手に入れるのです。

76.仕事の質、仕事の量、そしてその仕事に取り組む心構えが、あなたが獲得する給料の額と仕事の内容を決定します。

77.あなたが自分自身の雇い主だったら、今日一日のあなたの働きに満足しますか?

78.最初に与えることをしないで得ようとすることは、種を蒔かずに収穫しようとすることと、同じようにむなしいことです。

79.馬が自分本来の力に気づいたなら、人間に操られる事はないでしょう。私達にも同じ事が言えます。

80.笑顔は、お金をまったくかけることなく、表情を豊かにし、気分を良くしてくれます。

81.成功した人を妬むよりも、素直にその人の真似をしましょう。妬みは、消極的な感情の中でも一番油断のならないもので、無害のようにみえて、実は大変有害なのです。これは特別に意地の悪い感情で、積極的で生産的なすべての感情を、怒り、やきもち、絶望などの消極的な感情に置き換えることで、あなたを内側から破滅させてしまいます。他人の成功を祝い、心からその人の幸福を望む時には、単にその人を称えるということだけでなく、あなた自身のことも良く思えてくるものです。妬みを克服してしまえば、今度は、成功する為にその人が具体的にどのような行動を取ったのか、考えてみたくなるでしょう。一方、その人の成功を認めることによって、あなたとその人の関係もより強いものになるでしょう。

82.あなたの心構えが、どんな友達をひきつけるかを決めます。

83.あなたが強い願望を持つ人なら、チャンスはめぐってきます。

84.消極的心構えからは、消極的思考しか生まれません。消極的心構えから、積極的思考が生まれるなど、絶対にありえないことです。人生の消極的な面ばかりをくよくよと考え続ければ、積極的思考を育む余地もないほど、あなたの心は消極的思考に占領されてしまいます。そしてそれが、果てしない悪循環となるのです。

85.健康な身体を維持する意志力がないということは、人生を左右する重要な状況において、積極的心構えを維持する力にも欠けることになります。

86.いつも自分に言い聞かせていることは、たとえそれが事実でなくても、最終的に信じるようになります。自分自身に何かを繰り返し言い続ければ、潜在意識は、それを事実として受け入れるようになります。すると今度は、潜在意識がそれを現実のものにしようと、せっせと働き続けます

87.品性は、その人の心構えを正確に映し出します。

88.明確な目標を持っていない人は、羅針盤の無い船と同様に無力です。

89.あなたを嫌っている人に言葉を投げかけても、無駄なのでやめましょう。行動で示す方が、その人の心を動かすことができるのです。

90.代わりにもっと良いものを造り上げる覚悟がない限り、何も壊してはいけません。

 

336




336




-ちょっといい話・ためになる話

Copyright© 高齢者の食を考える管理栄養士のブログ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.