【再入所時栄養連携加算2024】算定するための書式・様式は?管理栄養士がやるべきこととは?【厚生労働省 介護報酬改定2024】

【令和6年介護報酬改定】再入所時栄養連携加算を算定するための書式や様式は?

介護報酬改定2024年で厚生労働省の資料を確認すると再入所時栄養連携加算で大きく2点の変更がありました。

・「一次入所、二次入所」と「施設入所時とは大きく異なる栄養管理が必要」の文言が削除された。

・厚生労働大臣が定める特別食等を必要とする者に変更された。

再入所時栄養連携加算は介護報酬改定2018に新設された加算です。

詳しいことは下記より確認してください。

【再入所時栄養連携加算】【介護報酬改定2021】算定するための書式・様式は?管理栄養士がやるべきこととは?

【介護報酬改定2024(令和6年度)】管理栄養士がかかわることをまとめてみました!【栄養・口腔】

算定要件は?

単位数:200点「入所者一人につき1回のみ算定可能」

前提条件

・栄養マネジメントを行っている。(減算の対象になっていない。)

・自施設から病院または診療所に入院し退院後に再入所する。

・特別食等が必要である。

(療養食加算の対象者や嚥下機能困難により流動食や経管栄養で栄養補給)

特別食等とは?

※疾病治療の直接手段として、医師の発行する食事箋に基づき提供された適切な栄養量及び内容を有する腎臓病食、肝臓病食、糖尿病食、胃潰瘍食、貧血食、膵臓病食、脂質異常症食、痛風食、嚥下困難者のための流動食、経管栄養のための濃厚流動食及び特別な場合の検査食(単なる流動食 及び軟食を除く。)

管理栄養士が行こと

・栄養に関する指導又はカンファレンスに同席(訪問もしくはテレビ電話等)

・医療機関の管理栄養士と連携して栄養ケア計画の原案を作成

・原案をもとに栄養ケア計画書を作成

・入所者または家族に同意を得る

おわりに

この記事は令和6年1月末に書いています。

現時点でわかる情報をもとに書いています。

新たな情報が出れば随時更新していきます!

【介護報酬改定2024(令和6年度)】管理栄養士がかかわることをまとめてみました!【栄養・口腔】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です