【退所時栄養連携加算】算定するための書式・様式は?管理栄養士がやるべきことは?【介護報酬改定2024】

【介護報酬改定2024】退所時栄養連携加算を算定するための書式や様式は?

令和6年度の介護報酬改定で「退所時栄養連携加算」が新設されました!

新設された加算のため、詳しい情報はわかりませんが、随時更新していきます!

【ここだけ見れば大丈夫!介護報酬改定2024(令和6年度)】管理栄養士がかかわることをまとめてみました!【リハ、口腔、栄養】

厚生労働省の資料の確認

退所者の栄養管理に関する情報連携の促進

介護保険施設から、居宅、他の介護保険施設、医療機関等に退所する者の栄養管理に関する情報連携が切れ目なく行われるようにする観点から、介護保険施設の管理栄養士が、介護保険施設の入所者等の栄養管理に関する情報について、他の介護保険施設や医療機関等に提供することを評価する新たな加算を設ける。

【単位数】

70単位/1回

【算定要件】
○対象者
・厚生労働大臣が定める特別食※を必要とする入所者又は低栄養状態にあると医師が判断した入所者。
○主な算定要件
・管理栄養士が、退所先の医療機関等に対して、当該者の栄養管理に関する情報を提供する。
・1月につき1回を限度として所定単位数を算定する。

※疾病治療の直接手段として、医師の発行する食事箋に基づき提供された適切な栄養量及び内容を有する腎臓病食、 肝臓病食、糖尿病食、胃潰瘍食、貧血食、膵臓病食、脂質異常症食、痛風食、嚥下困難者のための流動食、経管栄養のための濃厚流動食及び特別な場合の検査食(単なる流動食及び軟食を除く。)

退所時栄養情報連携加算 70単位
別に厚生労働大臣が定める特別食を必要とする入所者又は低栄養状態にあると医師が判断した入所者が、介護医療院から退所する際に、その居宅に退所する場合は当該入所者の主治の医師の属する病院又は診療所及び介護支援専門員に対して、病院、診療所又は他の介護保険施設(以下この注において「医療機関等」という。)に入院又は入所する場合は当該医療機関等に対して、当該入所者の同意を得て、管理栄養士が当該者の栄養管理に関する情報を提供したときは、1月につき1回を限度として所定単位数を加算する。ただし、イからヘまでの注7又はヲの栄養マネジメント強化加算を算定している場合は、算定しない

※ 「別に厚生労働大臣が定める特別食」=厚生労働大臣が定める基準に適合する利用者等第七十三号【参考21―1】

退所時栄養連携加算を要約すると

  • 単位数

・70点で1月に1回を限度とする。

  • 対象者

・施設を退所する入所者。

・厚生労働大臣が定める特別食(療養食加算対象者)を必要とする入所者または低栄養状態にあると医師が判断した入所者。

※退所する全ての入所者が対象ではないようです。

  • 算定要件

・管理栄養士が退所先の医療機関等に対して当該者の栄養管理に関する情報を提供する。

・居宅に退所する場合:当該入所者の主治の医師の属する病院又は診療所及び介護支援専門員

・医療機関等に退所する場合:入院又は入所する当該医療機関等

※診療報酬で実施されている「栄養情報連携加算」の介護報酬版との解釈でいいかと思います。

  • 算定対象外

・栄養マネジメント強化加算を算定している。

・栄養マネジメントを行っておらず減算の対象となっている。

書式や様式は?

現状では情報が出ていません。

情報が出れば更新してく予定です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です